Code Orangeがグラミー賞にノミネートされる事件が発生

Image from Deathwish Inc.

アンダーグラウンドなハードコアシーンから登場し、今やドーム規模の会場でコンサートを行うバンドとなったCode Orange。そんな彼らが、まさかのグラミー賞ノミネートを果たしました。

 

ノミネートされたのは、2017年のBest Metal Performance部門。他の候補者には、MastodonやMeshuggah、August Burns Redといった顔ぶれが並んでいます。




Code Orangeは、もともとCode Orange Kidsとして活動を始めており、その頃はパンク色の強いサウンドやったんよね。その後、音楽性をグッとヘビーに寄せた”I Am King”をリリースし、一気に人気爆発。そして、今年リリースされた作品”Forever”では、さらなる新境地を開拓しているみたいです。

 

「みたいです」と書いたのは、ちゃんと”Forever”聞けてないからなんよね。こんな記事書いておきながら。

自分はどうもコテコテなメタルサウンドが苦手で、Code Orangeに関しては前述”Kids”時代にリリースされた作品、”Love Is Love/Return to Dust”が一番好きなんです。

でも、下のミュージックビデオでバンドにハマって、何度もYouTubeで再生してた頃には、まさかグラミー賞にノミネートされるなんて思ってなかったし、こうなったらぜひとも賞を獲得して欲しいなぁ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.