ロックバンド「KOTORI」が売れたらエモ人気が爆発するんじゃね?

Photo from Kotori’s official site

何気なくYouTubeディグをしていたら見つけた、越谷のロックバンド、KOTORI。ギターのフレーズが特徴的で、まさにタイトルにしたことを思ったので、紹介記事です。

 

自分が初めて聞いたのは、”Blue”って曲。イントロ出だしのザクザク感のあるギターもいい感じですが、さらにそのあとで入ってくるギターフレーズでノックアウトされました。

この曲のフレーズを聞いて、最初に思い浮かべたのがTiny Moving Parts。まさに、このキラキラ感だーって。

 

KOTORIは、6/7に1stアルバム”kike”をリリースしたばかり。正直、どれくらい人気があるバンドなんかがわからんけど、伝わりやすい日本語詞ってことや、ちょっぴりふにゃっとした今風の歌い方とかも合わせて考えると、この先人気出るんじゃないかって思います。

んで、そうなったら、自分の好きなエモバンドも人気出たりしないかなーっていう妄想。もちろん、洋楽となると歌詞が英語でわかりにくいっていう難点があるけど、そこは和訳とか頑張るし。

(関連記事: [Share The Feeling] American Football “Never Meant” | PUNX SAVE THE EARTH -blog- (blog))

 

KOTORIが流行ったら、その流れでby the end of summerとかfallsとか、ドカンと人気爆発しないかなぁ。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.