[Live Review] SPORT Japan tour 2017 福岡

Photo from Cut The Tension

2017/7/23(日) SPORT Japan tour 2017 @福岡 Kieth Flack

Sport / Pear of the West / Navel / Joharry’s Window / falls / Jim Abbott

前日の津山に続いて、福岡にもSPORTを見に行った。この日のイベントは、メンバーの家族の都合で残念ながら来日がキャンセルになってしまったSkimmersの来日公演とのカップリングイベントってことで、メロディックパンクバンドが一同に会したメロディックパンクday。九州のかっこいいメロディックパンクバンドを一度に見られて、めちゃくちゃ贅沢な1日でした。もちろん、SPORTもfallsもカッコよかったしね。

 

Jim Abbott

佐賀県、鳥栖のメロディックパンクバンド。いきなりやられました。めちゃくちゃいいバンド。いわゆる渋めの男臭いメロディックパンクで、歌詞を覚えて拳振りかざしながらシンガロングしたすぎるやつ。

高速メロディックのような速いテンポの曲もありつつ、全部の曲でキャッチーなメロディーがしっかりと聞こえてきてて、最高!ってなりました。

 

falls

東京のエモ/メロディックパンクバンド。時間帯が早かったこともあってか、盛り上がり方は前日のほうがすごかったけど、やっぱりバンドアンサンブルがかっこええなーってなりました。

演奏の上手い下手はよくわからんけど、3人が作り出す音を含めた空気感、それが抜群にかっこいいバンド。東京から遠く離れた福岡ってことで、この日初めて観た人も多かったと思うけど、ライブ終わりに周りの人がみんな口々に「いいバンドだなぁ」って言ってたのが印象的です。

この日も、SPORTのカバー”Saint Louis, 1904″を演奏。その盛り上がり方を受けて、みんなのSPORTの期待値が分かりやすい形で伝わってきて、うわ最高やんってなりました。

 

Joharry’s Window

福岡のメロディックパンクバンド。この辺りからフロアがうねるような盛り上がりを見せ出して、うおー、めっちゃいいイベントやんって思ってました。

5人編成ってことで音圧が凄くて、メロディーがちゃんと聞き取れない曲もあったのは残念やったけど、泣きメロパンクっていうか、日本の王道メロディックって感じで、フロアに力強いシンガロングを巻き起こしてる感じがカッコよかった。

 

Navel

日本のメロディックパンクを代表するベテランバンド。福岡でライブするのは、この日が10年ぶりとかやったらしく、最初っからみんなの「待ってました!」が爆発して、もんすごいことになってました。フロアの爆発力はこの日一番やったなー。

特にラストの数曲は、もうこれ以上ないやろっていう盛り上がりを、次の曲のイントロが越えていく凄まじい畳み掛け。激しい音にフロアが素直に反応するパンクロックの魅力が純度高くグッと詰まっていて、やっぱりパンクのライブって最高やなって思いました。

 

Pear of the West

九州のメロディックパンクバンド。盛り上がりが凄すぎて半ば温度高過ぎになったフロアに向けて、ゆったりとしたメロウなナンバーを一発目に持ってきて、完全にみんなの心がグッと捕まれたのが分かってシビれました。

いろんなテンポ、雰囲気の曲があるし、どれもギターやベースのフレーズがしっかり聴こえてくるシンプルな曲やしで、ライブの完成度がめちゃ高かった。とにかく雰囲気が最高で、地元で観れてよかったーとなりました。

 

Sport

前日とセットリストを変えて静かな滑りだしを見せたこの日。そう感じたのは、今日は冷静にライブをじっくり見ようと決めていたからかもしれない。でも、盛り上げるというよりは聴かせることに重点を追いたパフォーマンスに、フロアにいた人たちが「やべーぞ、このバンド」って感じで、半ば唖然としながらステージに食い付いてるのがわかった。

正直に言うと、丁寧にそろりそろりと小さな音でテクニカルな演奏をしてるときって、そこまでグッとこない。でも、音のなかに充満したエネルギーがどんどんと膨らんでいって、ドカンと爆発した瞬間、めちゃくちゃカッコいいんよね。その感じは本人たちが好きっていってたtoeのライブの雰囲気そのものやった。

1stの曲が立て続けに演奏されたあたりから、フロアのうねりが大きくなる。拳を上げて前に前にグングン押し寄せる人、耐えきれなくなってクラウドサーフを楽しむ人、みんながみんな笑顔やった。

 

この日のライブで一番印象に残っている光景、それは、アンコールの”Montreal, 1976″の”Find My Way Home!!”のとこで、招聘元のCut The Tensionのケイスケくんがダイブした瞬間。それまで、ステージ脇で各地の公演の状況を伝えるべくスマホのカメラをフロアに向けていたのに、この曲が始まった瞬間、いてもたってもいられないって感じで、高々と飛んできた。

個人的に、ケイスケくんは結構前から知っていて、知り合った時の自分と今の自分って、音楽に対する熱意とか考え方とかも変わっていて。そんな中で、ケイスケくんは、もちろんいろいろ変わったやろうけど、熱意を持って自分の好きなことを突き詰めて、SPORTというバンドを呼んで大成功させていて、そんなことを考えながら曲の歌詞を聞いていたら、もう感情ドバドバ出てきて、涙腺の温度が急激に上昇しちゃいました。

正直、その場でその光景を見た時よりも、家路につきながら脳裏に焼きついた光景を反芻しているときの方がヤバかったかなぁ。どういう種類の感情か、一言ではうまく説明できないけど、とにかく熱い何か。あんまり、ライブレビューに個人的な思い出とか、人との繋がりとかって書きたくないんやけど、こればっかりは書きたいなって思って、書いちゃいました。

“Years are floating and I’m still running to find my way home”っていうフレーズは、この夏最高のフレーズになりそうです。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.