[Live Review] You Blew It Japan tour 2017 名古屋

2017/6/3(Sat) You Blew It Japan tour 2017 @栄 Party’z

You Blew It / Malegoat / DOIMOI / VACNAT

前日、地元関西でライブがあったけど、仕事を早退してまで見に行かなくてもいいかなと思っていた来日公演。でも、やっぱり行きたいなっていう気持ちが起こって、名古屋までライブを観にいってきた。

うおーって感じで体の内側から突き動かされるようなライブではなかったけど、観にいってよかったなぁっていう温かくて幸せな気持ちが体を包み込むライブでした。

 

VACANT

名古屋のロックンロール・ポストパンクバンド。攻撃性の高い音楽性やけど、ノイジーになりすぎることなく、ビートとグルーヴで魅せるアクト。

山場を作るのが難しい曲調やけど、演奏力は高いしビートは安定してるしで、かっこいいライブやったなぁ。

 

DOIMOI

名古屋のエモ・ロックバンド。ライブが始まる前に温かみのあるコードをかき鳴らしてる感じから、USエモに影響を受けた正統派(何をもって正統派かは人それぞれ)のバンドかなって思ったけど、複雑に展開するコードの上に歌メロを乗せる歌もの系のロックバンドやった。

ちょいちょい不協和音がクロスしちゃう感じが個人的な好みではなかったけど、丁寧に一つ一つの音を出していく職人感はカッコよかった。

 

Malegoat

東京、八王子のエモ/インディーロックバンド。出音がバシっと会場に響いた瞬間、「コレ、コレ!」って一気にテンションあがりました。自分が言葉で説明しなくても、ライブを見たり音源を聴いたりしたら分かると思うけど、他の国内の「エモ」とか「インディー」って呼ばれるバンドと比較して、圧倒的にパンクなんよね。

トータルとしてmalegoatらしさを軸に感じつつも、一曲一曲違った魅力を持ったセットで、やっぱええよなぁって思うライブでした。

 

You Blew It

フロリダ州、オーランドのEmoバンド。つい先日来日したThe Menzingersと同じく、知った時には、まさか日本でライブを見られる日が来るなんて思いもしなかったバンドやけど、自分の中で一番いい時期にライブを見ているってのもあって、今回は見なくてもいいかな、なんて思ってた。

でも、結果、わざわざ名古屋に足を運んでよかったなって思えるライブやった。別に、自分の好きな1stからの曲をたくさんやっていたからとか、そんな理由じゃない。現在進行形のバンドとして、素晴らしいライブやった。

 

唯一のオリジナルメンバー(?)のボーカルは、几帳面さが行動に現れていて、神経質なほどきっちりとチューングを行ってから演奏に入っていくスタイルやったけど、その間をもう一人のギターをベースが日本語を交えてポジティブに埋めていく感じもよかったなぁ。

単に綺麗で線が細くて感傷的な内容を歌っているだけでは、自分の好きな音楽じゃない。シンガロングと同時に、喉の奥の方から溜まった感情を解き放ちたくなる、あの感じが自分の好きな音楽なんや。そんなことを改めて感じて幸せな気持ちになったライブでした。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.