スピッツに続いてブルーハーツも!レコード復刻ブームが日本にもやってきた!

レコードが一つの選択肢として定着しようとしている中、スピッツやブルーハーツなど、国内のアーティストの音源がVinylとして復刻リリースされることが相次いで発表になっています。

 

スピッツに関しては、今年が結成30周年(!)ということで、過去16作品が全てアナログ盤でリリースされる模様。リリースはまだちょっと先の7/5ながら、完全受注生産ということで、すでにレコード屋さんなどで受付が始まってるみたいです。

( 関連記事: スピッツ結成30周年記念 アルバム16作品のアナログ盤発売が決定! | Record People Magazine )

 

また、ブルーハーツに関しても、オリジナルアルバム全8作品がアナログで復刻。リリースは7/19とこちらもちょっと先ですね。コチラのインタビューにもあるように、ずっとアナログでのリリースにこだわってきたメンバーですが、1stと2ndは初のアナログリリースになるようです。

( 関連記事:THE BLUE HEARTSのオリジナルアルバム全8タイトルが今夏アナログ盤で復刻! | Record People Magazine )

 

海外ではRecord Store Dayなんかをきっかけに、アナログでの復刻リリースがここ3、4年増えていて、もはや一般的なものになりつつあるけど、ようやく日本でもアナログ復刻ブームが来たのかな。

ただ、海外の場合は若いリスナーをターゲットにしているのに対して、スピッツやったりブルーハーツやったりってなると、30代、40代以上をターゲットにしているのかなって思ってしまう。

というかそもそも、若い世代が振り返って聴く日本のベテランアーティストって、存在するのかって話になってくるよね。今の日本のインディーシーンにおいては、もしかしたらスピッツがそういう存在やったりするんかなぁ。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.