Pat先生の服装とマイクスタンドさばきがイケてるFiddleheadのフルセット動画が公開!

Photo by Reid Haithcock

動画をシェアしてタイトルをそのままコメントに書けばTwitterでも済む内容なんですが、最近更新できてないから記事にしてみました。

 

ボストンのオルタナパンクバンド、Fiddleheadのカナダでのライブ映像がフルセットでYouTubeで公開されました。

好きなバンドって初めて生でライブを観るときの感動をスケールダウンさせたくないからライブ動画を観ずに我慢したりする方なんですが、Fiddleheadに関してはしばらく観れなさそうやしと思って耐えきれず動画を観ちゃった感じです。

 

動画を観始めてすぐに目に飛び込んでくるのはボーカルPat先生のカッコよさ。マイクスタンドさばきも様になってるし、襟付きのシャツにジャケットまで羽織っちゃってる服装がイケすぎてます。

パンクとかハードコアって、どうしてもストリート寄りの服装がユニフォームみたいなところあるけど、Pat先生はその定説をカッコよく崩してくれるから大好きなんです。被ってるビーニーのTriple Bのロゴの位置まで含めてパーフェクト。


Pat先生、Pat先生って誰やねんって思う人に一応説明しておくと、Fiddleheadのボーカルにして、Have HeartやFREE、Clear、Sweet Jesusといったハードコアバンドのメンバーとしても知られるPat Flynnです。

年を重ねてもユースが主役のカルチャーに自分なりの方法で積極的に関わってる姿勢が本当にかっこよくて尊敬しています。

 
服装がカッコいいなと感じたでいえば、Baseのラストショウでゲストボーカルとして登場したときの襟付きシャツも最高です。

もちろん、服装だけみてカッコいいって言ってるわけじゃなくて、尊敬している人の服装だからこそカッコよく見えるってのがあるんやと思います。

 

Fiddleheadが今年4月にRun For Cover/Triple Bからリリースしたアルバム”Springtime and Blind”は本当に名盤。ライブ映像を観てオッと思った人でまだ作品を聴いてない人は、ぜひチェックしてみてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.