he was an artist, she was a carpenterっていうプロジェクトが気になる

Photo from bandcamp

無名で全く詳細もよくわからない、気になるアーティストを久々に見つけました。

he was an artist, she was a carpenterっていう2人組のバンドです。

 

知ったキッカケは、Twitterで海外のユーザーが「曲名面白くね?」みたいな感じでツイートしてたのを見つけたこと。

どうやってそのツイートがタイムライン上に現れたのかは不明です。誰からのFavやRTやったんやろうなー。

 

上記が8/2にリリースされたばかりのフルアルバム。”algermom dadwallader”や”subrome with lime”のように、存在するバンドの名前をモジった曲名がユニークです。

音楽性としては、キラキラしたギターフレーズが特徴的なEmoサウンド。Origami AngelsやJail Socksが好きな人は確実に好きなやつかと。

 

なんともチープな音が、聞けば聞くほどツボを突いてきます。バンドっていうよりかはベッドルームプロジェクト的なノリなのかな。

8/10にアルバムのリリースショーが決まっているから、一応バンドという体裁ではあるみたいやけど、全曲をノートパソコンで作ったBarely Marchに近い感じなのかなぁと勝手に想像してます。

 

こういう得体もしれないのがたまにポロっと見つかるから、ネット上のディグはやっぱり面白いですね。

ディグって言っても、自ら汗をかいて美味しいお芋を掘ったわけじゃなくて、たまたま落ちてたお芋を拾って食べたら美味しかったみたいな感じなんやけど。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.