Lame-O Recordsが企画するライブシリーズが素敵

サクっと軽めの記事。アメリカのインディーレーベル、Lame-O Recordsが企画しているライブシリーズが素敵だなぁっていう記事です。

そのライブシリーズのフライヤーがこちら。ねっ、素敵じゃないですか?

自分が素敵だなーって感じたポイントは以下の通り。

・週1回ごとにライブがあるので、ワクワクが継続する。
・全日程に違うバンドが出演する。
・出演バンドが全部レーベルにゆかりのあるバンドで、シリーズとしての統一感がある。

 

一つのレーベルにたくさんのバンドが所属することが少ない日本ではもちろん、Lame-O レベルのレーベルがたくさん存在するアメリカでも、こういう「シリーズライブ」みたいなのは珍しくて、ついついテンション上がってシェアしちゃいました。

全バンドを1日に集めてフェス的なイベントにするよりも体力が必要そうやけど、観に行くお客さん目線で考えると、好きな日だけを選んで遊びにいけるし、レーベルやそのレーベルが作り出すシーンのことが好きな人は毎週ワクワクできるし、いいことずくめですよね。

 

ちなみに、自分が一番行きたい日程は、もう終わっちゃいましたが1/16ですね。というか、The Menzingersのライブが観たいっていうね。

Big Catぐらいの規模のハコで、I Don’t Wanna Be An Asshole Anymoreのイントロが流れた時の興奮を妄想したら、めちゃくちゃテンションあがってきました。