PUPが今後のツアーで行うことを発表した取り組みが素敵

Photo from Facebook

新世代のポップパンクを鳴らしているカナダのIndie Punkバンド、PUP。

人気者だからこそ効果が大きいツアーでの取り組みを発表していて素敵やなって思ったので紹介します。

 

その取り組みとは、その土地土地のチャリティー団体と協力して、マーチテーブルの近くに寄付を募る箱を置くというもの。実際にチャリティー団体のスタッフにもライブに来てもらって、文献などと共にチャリティーの取り組みを説明してもらうみたいです。

チャリティー団体には、若者やLGBTQ+のリスクに取り組む団体、女性に関して取り組む団体、メンタルヘルスに取り組む団体、音楽教育に取り組む団体など、さまざまな種類の団体が含まれるようです。

 

こういった取り組みを行う理由としては、自分たちがツアーで回るようなコミュニティに影響を与え続けたいから、そしてそれが自分たちのようなバンドの使命だと思うから、という趣旨を述べています。

こういうことを大々的に発表すると、パフォーマンスだろうって批判が飛んできそうですが、大きいバンドだからこその影響力を考えて、あえて発表してるんやろうし、そういうところが素敵だなって思いました。

 

最後に一連のツイートを貼っておきます。ちゃんと最後のツイートで、こういった取り組みをしてるのは自分たちだけじゃない、って言ってて、それもまたいいなぁって思いました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.