サマソニがオンラインで開催されたけど…

Photo from Summer Sonic

2020年は東京オリンピックの開催もあって中止されることが決まっていた都市型フェスの Summer Sonic ですが、新型コロナウイルスの影響で状況が変わったこともあり、オンラインで開催されることが発表されました。

トップの画像にあるように、実は先週の金曜日から日曜日にかけて開催済み。オンラインフェスとはいっても生配信ではなく、過去のサマソニのアーカイブ映像を、時間を指定して配信するという試みでした。

通信が安定しないという点で生配信ライブにあまりポジティブなイメージを持っていない自分としては、録画した動画を配信する今回のサマソニの取り組みはいいんじゃないかなって思ってたんですが、蓋をあけてみるとあまり Twitter のタイムラインに話題に上っていなかった印象です。  

 

もちろん Twitter のタイムラインこそが世の中で起きていることではないのは百も承知なんですが、たとえば昨年のフジロックフェスティバルの生配信なんかは、もっと Twitter 上で話題になっていたなーと。

そう考えると、同じ動画でライブを映すというコンテンツでも、リアルタイム性があるかどうかっていう違いは大きく価値を左右するのかなぁって思いました。  

 

ちなみにオンラインでのサマソニは、今週末の土日も開催予定。2016年の Underworld と Radiohead のライブ映像がフルで公開されるようです。

サマソニに限らず過去のライブ動画という財産をちゃんと残せているイベントやアーティストは、うまく活用してお金や楽しみに変えて欲しいなと思う反面、子育てや他にやりたいことで忙しい自分は、わざわざ時間を合わせて動画配信を観ることはしないなって思うと、自己帰属感のないコンテンツとしてのライブ配信は難しいものがあるよなって思ってしまいます。

今のところ、生配信かどうかに関わらず、クオリティの高い(映像の質だけじゃない、ここ重要!)ライブ動画をいつでも観られる状態の方に価値を感じちゃいますねー。

関連記事: コロナと音楽ライブ | PUNX SAVE THE EARTH -blog-