パンクロックにハマってなかったら今頃どんなTシャツ着てたんだろう

夜中のテンションで徒然なるままに書きつけてみた日記です。

 

「もしパンクロックにハマっていなかったとしたら、自分は今頃どんなTシャツを着ていたんだろう。」

そう思ったのは、通勤中の電車で目の前に「LIFEGUARD 58」と前面にでっかくプリントされたTシャツを着ている人がいたのがきっかけでした。

お世辞にもカッコいいとはいえないデザインで、少なくとも自分の好みでは絶対にない。どういう理由でこのTシャツを選んで着てるんだろうって、すごく気になったんです。

 

自分が今持っているTシャツは、ほとんどがバンドT。服装を気にせず働ける会社なので、平日もバンドTを着て出かけます。

好きなバンドのことをTシャツでこそっとアピールできるのがいいなって思うポイント。人に気づかれなくても自己満な感じで嬉しいし、気づかれたら気づかれたで同じ好きを共有できる感じが嬉しいです。

あと、Tシャツを買うことで好きなバンドの応援に繋がるってのもいいですよね。しかも、値段もお手頃。一度バンドTを着だしたら、それより高いお金を払って普通のTシャツを着ようって思わなくなってしまったってのもあります。

 

でもバンドTを愛用しているのは、パンクロックにハマったからで、今も音楽が大好きだから。

それじゃあ、もしここまで音楽にハマらなかったとしたら、今頃自分はどんなTシャツを着ているんだろうって思ったんです。

 

ちょっと考えてみたときに、一番可能性が高いのはシンプルな無地のTシャツかなと思いました。理由は今でもちょくちょく着ているから。主張もないし、上下の組み合わせも選ばない。何よりシンプルなのがクールだと感じるからです。

でも、なんでシンプルなのがクールだと感じるのか、根っこの部分に向かってたどっていくと、どこかでパンクロックが好きになったことにぶち当たる気がします。なので結局、「パンクロックにハマってなかったら今頃どんなTシャツ着てたんだろう」の答えは今の自分には想像できないんです。

 

Tシャツだけじゃない、生活に関わるあらゆるコトやモノ、考え方の根っこの部分にはパンクロックが好きってことが影響している。

そう改めて感じた、貴重な体験でした。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.