Green DayやRancidのメンバーによるスーパーグループ「Armstrongs」が結成されたよ!

Image from Punknews.org

Green DayやRancidのメンバーが所属するパンクロックスーパーグループ、Armstrongsが、何の前触れもなく急遽結成されました。

新曲”If There Was Ever A Time”も公開されています。

 

Green DayやRancidのメンバーが所属するという情報と、Armstrongsというバンド名とを合わせて考えると、どういうコンセプトを持ったバンドがなんとなくわかると思うけど、結成メンバーは以下の通り、全員がArmstrongさんです。

Billie Joe Armstrong (Green Day)
Tim Armstrong (Rancid)
Joey Armstrong (SWMRS, Billie Joe Armstrongの息子)
Rey Armstonrg (Tim Armstrongの甥)

 

新曲”If There Was Ever A Time”はTimのカラーが色濃く出たシンプルなパンクロックナンバー。Timのレーベル、Hellcatから1000枚限定でフレキシがリリースされることを考えると、このバンドの発案はTimなのかな?

でも、途中のコード進行とかBillie Joe節もあって、なかなか面白い楽曲ですね。




 

このニュースを見たときは、「どうした?急に金儲けか?」って思っちゃったけど、”If There Was Ever A Time”の収益は、Green DayやRancidが若い頃にライブをやっていたVenue、924 Gilmanに100%寄付されるとのこと。

今年、East Bayパンクシーンにフォーカスを当てたドキュメンタリー映画、”Turn It Around: The Story of East Bay Punk”がアメリカで公開予定ですが、それに合わせたキャンペーンなのかなぁ。

 

ちなみに、Billie JoeとTimのタッグといえば、Rancidの”Radio”を共作したっていうエピソードが有名ですよね。

何気なーくYouTubeディグしたら、Green DayがTimと共演して、RadioとKnowledgeをやってる最高の動画が見つかったので貼っておきます。この本域テンポでのGreen DayのKnowledgeは珍しい気がするなー。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.