Descendentsの好きな曲トップ10

Photo from Facebook

来日公演の余韻がすごいです。

本当はライブレビューに全身全霊を注ぐべきなんやと思いますが、あれこれ考えていたらいつのまにかこの記事を書き出していました。

 

もちろんどの曲もカッコいいし、音楽の聴き方については「曲単位よりもアルバム単位でしょ」って思ってるタチなんですが、ライブを見ていて確実にこの曲の好き度はヤバいって思う曲がいくつかあったので、自分の好きなDescendentsの曲10選を紹介します。

完全自分語りになるので、自分と同じくDescendentsの来日公演の余韻をひきずってるぜーって人か、GWに暇を持て余してる人だけ読んでください。

 

Suburban Home

シンプルでキャッチーな曲。”I want to be stereotyped, I want to be classified”ってフレーズが印象的な曲ですが、反語的にパンクスのアティテュードを示してるんやと思って好きになりました。

でもそのあとで、Filmageを観て、生活を優先してバンドを脱退したTonyが作った曲ってことを知って、本当に本心を吐露した歌なのかもなってことを思って、より一層好きになりました。

自分も短い人生の中で、「もうそろそろ普通の人生を歩むべきか」と悩む分かれ道が何回か来ました。だから、この曲を聞くとグッと来てしまうんです。

 

Nothing With You

この曲も歌詞が大好きな曲。大切な人と一緒にいるときに一番したいことは、何もしないこと。一緒にいるだけ。ってめちゃくちゃ素敵じゃないですか。

社会人になって、なかなか時間をとるのが難しくなってきてから、余計にこの曲の歌詞がささるようになってきました。

この前の来日公演では、しょっぱなのSuburban Homeではなんとかベソかきぐらいで踏みとどまったのに、4曲目のこの曲で大洪水がおこりました。

 

Get The Time

この曲も、Nothing With Youと同じく、時間の使い方について歌った曲で大好きな曲。

きっと片思いしている相手のことを思って曲をつくるぞー、絶対手に入れてやるーっていう可愛い恋愛ソングなんやと思うんやけど、自分のなかでは、自分の好きなことに没頭してる時間を確保するぞ!っていう意味に置換されてます。

あと、とびきりスイートなメロディーも最高ですよね。変な曲が多いEnjoy!のなかで光輝いてる曲です。

 

Myage

この曲は、歌詞とかじゃなくて曲の展開が好きな理由の曲。ベースが動きまくるメロディックパンクやメロディックハードコアが大好物なんですけど、まさにそんな自分をワクワクさせまくる曲なんですよね。

まずイントロ。めちゃくちゃワクワクしますよね。キラーフレーズすぎます。

そして、途中のブリッジ部分でベースがめちゃくちゃ高い音まで展開するやつ。あれゾクゾクします。最高です。気持ちよくなれちゃいます。

 

Coolidge

この曲も歌詞じゃなくてメロディーとか演奏の展開が好きな曲です。

スイートな曲が始まるとは思えない、らしいといえばらしいイントロから、いきなりバッと世界が開けるような展開。その部分を聞くと、いつもドーパミンやらアドレナリンやらがドバッと音を立てて飛び出します。

途中のギターソロとか、それ終わりのコーラスミスするやつとかも、めちゃくちゃカッコいいです。

 

Thank You

この曲はいわずもがな。何回も音楽に助けられてきた自分にとって、この曲が刺さらないわけはないです。

Filmageでは、メンバー同士が自分たちにありがとうと言っているような使い方やったけど、本当は作ったカールが好きなバンドや影響を受けたバンドについて歌ってるみたいですね。

 

She Loves Me

Descendentsらしい展開やフレーズで見事なバランスで成り立ってるのが好きな理由。

プラス、イケてないやつが自分の頭で恋愛について妄想してるってのがなんとも等身大でキュンキュンします。

Everything Sucksからの選曲が多くなってるけど、一番最初に買ったアルバムやからっての大いにあると思います。

 

When I Get Old

将来について想像を巡らせる曲。歌詞は基本的に明るいし、こうだったらいいなっていう希望に満ちた内容やけど、メランコリックなメロディーが将来に対する不安や恐れみたいなのをうまく表してて、グッと来ちゃいます。

将来も今と変わらない心で、自分の好きなことをしてたいなって思う自分のテーマソングみたいな曲です。

 

Bikeage

メロディーが好きな曲。というかイントロですかね。あのイントロが流れて、ドラムがドタンって鳴っただけで興奮します。

歌詞は少々乱暴やし全然共感できない内容やからそんなに好きじゃないんですが、大好きな人を思って歌った曲なんやろうなぁと思うし、同じように堕ちてる大事な人がいる人は、めちゃくちゃグッとくる内容なんやと思います。

 

One More Day

最高にポップな1曲。正統派のポップソングやけど、Descendentsっぽくはない、でもそこが好きな理由。最後のほうの複雑な展開はDescendentsならではやけど。

Filmageを見直すまで、ビルがお父さんに宛てた曲ってのを忘れてしまってたけど、それでも自分には大切な人と一緒に1日でも長く過ごしたいっていう内容に解釈できて、うんうん、ウルウルってなります。

 

最初は5選に収めようと記事を書き始めたんですが、全然収まらなかったので10選に変えました。

ちなみに、この記事を書く前にFilmageを見直したんですが、選曲自体はその前に終わっていたので、映画の内容にひきづられているとかはないです。

 

これを書いてみて思ったのが、いろんな人の好きな曲トップ10が知りたいなーってこと。曲だけじゃなくて、なんでその曲が好きなのかとかもじっくり語り合いたいなー。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.