2018年6月のオススメリリース情報!

最近、全然ブログ更新出来てない!と思ってたら、もうすぐ6月。来月リリースされる、個人的要チェック音源を紹介します。

 

Astpai “True Capacity”

オーストリアが誇るパンクロックバンドの新作。コンスタントにリリースしてる印象のバンドにしては、今作は久しぶりの音源なんかな。

先行公開されている新曲は、相変わらず骨太でシンプルなパンクロック。自分の中で音源を聞くのをおろそかにしてしまうバンドやけど、リリースしてしばらく経ってから聞き返して後悔することが多いから、今作はしっかりチェックしたいなぁ。

 

Warm Thoughts “I Went Swimming Alone”

もともとDad Punchersという名前で活動していたカリフォルニアのパンクロックバンド。今はどうやらソロで活動することが多くなってるんかな。

爽やかでキャッチーなメロディーラインが特徴のバンドで、ポップパンク好きやインディー/エモ好きなど、いろんな音楽層にリーチできそうなバンドやと思います。

 

And Protector / Hollow Suns “Split”

静岡と東京で活動するパンクロックバンドによるスプリット音源。前からライブでの共演機会が多いバンドだけに、スプリットをリリースするという話を自然な流れやったんかなと。

ホロサンの方はまだ収録曲が公開されてないけど、And Protectorはすでに収録曲のミュージックビデオを公開してる。自分たちのやりたいサウンドのまま、多くの人に好かれるだろう曲に仕上がってるのが最高です。

 

Culture Abuse “Bay Dream”

6131からEpitphに移籍後、おそらく初のアルバムとなる作品。ポップパンクやメロディックパンクと呼べるようなアプローチはどこへやら、Wavvesとのコラボレーション後、ローファイサウンドに完全に振り切りましたね。

今のシーンの流れからいうと、タイミングが半年ぐらい遅かったのかなと思いますが、この作品がどう受け入れられるのか楽しみな作品です。

 

Mad Caddies “Punk Rocksteady”

大御所スカパンクバンドによる、スカカバーアルバム。すでに公開されているGreen Day以外にも、Bad Religion、NOFX、Lagwagon、Descendentsのカバーが収録されているとあって、どんな仕上がりになってるのか楽しみで仕方ありません。

あと、個人的に一番の注目は、Operation Ivyのカバー。Mad Caddiesのメンバーたちが、全速力で突っ走って演奏してて欲しいなぁって願うのは自分だけじゃないはず。


SpotifyやApple Musicが一般的になった今の時代って、リリース情報ってあんまりみんな楽しみにしてないんかなぁ。

自分は一番ディグが激しかった大学生の頃に、リリース情報をおっかけまくってめちゃくちゃ楽しかったから、今でもこうして月に一回は来月のリリースを一通りチェックしている感じです。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.