今年のBled Festのメンツが攻めすぎてて激アツ

Photo from Bled Fest

「書きたいことも書けない、こんな生活じゃ〜」ってことで、お仕事繁忙期、まったくブログ書けてない。。。

書きたいことはいろいろあるんやけど、とりあえず選んだ話題は、ずっと行きたいなぁと思って一度も行けてない海外フェス、Bled Festについてです。

 

Bled Festは毎年5月ごろにアメリカのミシガン州で行われているパンクロックフェス。そこまで大きなバンドが出るわけじゃないものの、これからシーンでどんどん大きくなっていくんやろうなぁっていうトレンド感のあるバンドがたくさん出演するのが魅力のフェスです。

個人的には、フロリダのThe Festや、シカゴやトロントで行われるRiot Festと並んで、ずっと行ってみたいなぁって思ってるフェスの一つで、毎年メンツをチェックしてるんやけど、今年はかなり攻めてて。

 

Image from Bled Fest

今年出演する全ラインナップが載ったフライヤー。いわゆるヘッドライナー的な位置に書かれているのは、Joyce Manor、Basement、Foxingの3バンド。今のインディーロック/パンクシーンを確実に代表するバンドやけど、まだまだ若手バンドの認識でいたから、ついにヘッドライナーを務めるまでになったかぁって感動しちゃいました。

んで、自分が攻めてるなぁって感じたのは、その他のメンツ。自分のディグが最近甘いからってだけかも知らんけど、半分以上が聞いたことのないバンドやアーティストなんよね。

普通、大きなフェスって言ったら、6、7割が知ってるアーティストで、あとの3、4割が知らないアーティストってことがほとんどやし、Bled Festに関しても毎年そんな感じやったのに、なんか今年いきなり新しいアーティストの割合が多いぞって。

 

知らないアーティストが多く並んでるのに、きっとイケてる音楽ばっかりなんやろうなぁって、思わずディグりたくなるのはBled Festっていうフェスが持ってる魅力。時間を見つけて、今年のBled Festにラインナップされてて知らないアーティストをチェックしていきたいなぁって思ってます。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.