For A ReasonとHot Water Music

Photo from HSmerch

先週6/1(土)に開催されたFor A Reason主催のライブイベント”True Friends”、めちゃくちゃ盛り上がったみたいですね。

遊びに行けてないもののライブ動画を観て感動したので、こんな記事を書くに至りました。

 

タイトルにしたFor A ReasonとHot Water Music。一見共通点はなさそうに思える2バンドですが、両バンドのことが大好きなら、「あぁ、あのことを話題にするのね」と気づく繋がりがあります。

 

その繋がり要素が含まれているのが、For A Reasonの”Live Your Heart And Always Follow”。

タイトルにもなっている”Live your heart and always follow it”というフレーズが大シンガロングパートとして最後に用意されている名曲です。

 

bandcampに載せられている歌詞の和訳をそのまま引用すると、このフレーズの意味は”心のままに生きよう、常に心に沿って歩もう”という意味。

とても前向きで元気が出る曲を締めくくる、最高のポジティブセンテンスですね。

 

この”Live your heart and always follow it”というフレーズこそが、Hot Water Musicとの繋がり。

アルバム”No Division”に収録されている名曲”It’s Hard To Know”に似たようなフレーズが含まれているんです。

 

そのフレーズは、こちらの曲でも最後の大シンガロングパートに登場。”Live your heart and never follow”です。

英語がわかる人なら、”Always”と”Never”はまったく逆の意味だから、For A ReasonとHot Water Musicが歌っているのも逆の意味と思ってしまうかもしれません。

でも”Never follow”っていうのは、「何かを追いかけるのではなく自分らしくあれ」という意味のことわざ。つまり”Live Your Heart And Never Follow”ってのは、「自分の心のままに生きて自分らしくいよう」っていう意味になるので、For A Reasonが歌っている意味と同じなんです。

 

たまたまカブったとかそんなことはなくて、おそらくHow Water MusicのオマージュとしてFor A Reasonは名曲”Live Your Heart And Always Follow”を完成させたんだと思います。

そう考えると、For A Reasonの”1999“っていう曲のタイトルと、Hot Water Musicのアルバム”No Division”がリリースされた1999年が同じっていうのも、偶然じゃない気がしてきました。

 

まぁ、こういうウンチク的なことはどうでも良くて、一番伝えたかったのはFor A Reasonの”True Friends”でのライブ動画がめちゃくちゃ感動的だってことです。

まだ観ていないよって人は、ぜひチェックしてみて欲しいです。そして、動画にやられたら曲を聴きまくって歌詞を覚えて、ライブで大シンガロングかましてください!

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.