Living With Lionsのカムバックアルバムが楽しみすぎる!

Photo from bandcamp

ここまで心待ちにしちゃうリリースは久しぶりかも。カナダ・バンクーバーのメロディックパンクバンド、Living With Lionsの最新アルバムが楽しみでなりません。

 

楽しみになった1番のきっかけは、先行公開された新曲”Tidal Wave”を聞いて。最初は、No Sleep Recordsのサマーコンピに収録される1曲として公開されて、今はミュージックビデオも公開されています。

 

ねっ、楽しみになるでしょ。ボーカル2人の脱退を経て、もともとギター/コーラスやったChaseがメインボーカルをとるのは前作EPと同じなんやけど、前作はちょっとChaseの声にマッチしていない感があったんよね。それがこの新曲は出だしのメロディー、躍動感をChaseの高めの声質がぴったり。やっぱりリスナーなもんで、一番最初にボーカルに注目して聞いちゃうんやけど、キター!!ってなったもんね。


他にも楽しみな理由としては、5人編成に戻ってるということ。ボーカルが脱退したあとに来日した時は、Chaseはギターを弾きながら歌ってたけど、ミュージックビデオを観るに完全にピンボーカルやもんね。その完全転向具合もテンションあがる理由です。

新しいアルバムのリリースは少し先で、9/21の予定。アメリカはNo Sleep Recordsからのリリースですが、自国のカナダでは自分たちでBloom Recordsというレーベルを設立して、DIYなスタイルで流通やプロモーションも手がけるみたいです。そして、国内盤は過去にリリースや来日ツアー招聘を手がけているICE GRILL$ Recordsからのリリース。作品が国内で売れて、再度のジャパンツアーに繋がることを期待しちゃいます。

 

他にどんな曲が収録されるのか、本当に楽しみ。上でも紹介した”Tidal Wave”は、1st EPに収録された名曲”Later Is Better”につぐ名曲やと思ってるので、とんでもない名作が生まれることを期待しちゃってます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.