90年代風のミュージックビデオが公開されたBroadway Callsの新曲がカッコいい!

Photo from Brooklyn Vegan

オレゴン州のメロディックパンクバンド Broadway Calls は、”Meet Me On The Moon” という新曲のミュージックビデオを公開しました。

バンドは実に7年ぶりとなるフルアルバム “Sad In The City” を今年中にリリースすることを発表しており、”Meet Me On The Moon” はそんなアルバムからの先行公開曲。曲自体は4月に公開されていましたが、ミュージックビデオは6/17に公開されました。

 

ちょっと笑っちゃったのが、その映像のクオリティ。あれ、めっちゃ昔の曲のミュージックビデオを間違えて再生しちゃったかな?って勘違いしちゃう、いわば低クオリティの映像。画面サイズも今と違う状態でアップされている90年代のメロコアバンドのMVのようなテイストです。

コロナの影響で思ったように映像制作ができなかったのか、あえてこのテイストを狙ったのか。Broadway Calls というバンドのキャラクターを考えると、そのどちらでもなく大真面目にこのクオリティな気がしてしょうがないんです(失礼!)が、相変わらず曲はめちゃくちゃカッコいいです。

 

地元に大きなパンクロックのシーンがなく、本来いるべきステージより2段ぐらい下にいるっていうイメージの不遇なバンドなんですが、自分の中では The Flatliners や The Bouncing Souls、The Menzingers なんかと肩を並べる王道パンクロックバンドって感じ。

フロリダのパンクロックフェス The Fest に出るようなバンドが好きな人はもちろん、そんなマイナーなバンドは分からないけど Green Day や Jawbreaker は大好きって人にもチェックして欲しいです!