[Live Review] APHS Split Release Tour Final Series 大阪

2018/8/25 (Sat) APHS Split Release Tour Final Series @松屋町 地下一階

Hollow Suns / And Protector / bacho / KICKASSRAY / Fireplay

 

先週の金沢に続いてAnd Protcetorのスプリットリリースツアーに遊びにいってきた。ライブハウスがたくさん集まる場所から少し離れた場所にある地下一階というライブハウスに、あれだけたくさんの人が集まっているのは初めてのことやったなぁ。

 
オープニングを飾ったのは、地元関西を拠点に活動するオルタナティブロックバンドFireplay。その実力から主にDIYな形で行われる来日公演の大阪場所サポート務めることも多く、全国的に注目されているバンドです。

初めてライブで聴く曲でもガツンと心が動かされる圧倒的なライブパフォーマンスで、集まった人たちの視線をロックしていた。メリハリをつけた演奏で、メンバーが一斉に感情を爆発させるパートでは、そのパワーに引きずられて自然と体が動いたなぁ。

 
続く金沢のKICKASSRAYは、その実力と人気をまざまざと見せつけるライブ。とはいっても、フロアからの反応が目に見えて起こったのは、過去音源収録の疾走感溢れる曲のみ。観る人によっていろんな感想があったと思うけど、いわば、その置いてきぼり感がカッコ良かった。

今年の8月にリリースされたS/Tから曲を余すことなくプレイ。ミドルテンポな曲が多くフロアでどうやって振る舞っていいか分からない人が多かったみたいやけど、フロアに動きがある=いいライブじゃないもんな。音源ではまろやかに流れる印象の曲も、ライブではところどころにザラつきやトゲがあってカッコよかった。

続くはみんな大好きbacho。bachoが出るからこそライブハウスに足を運んでいた人も多かったやろうし、多くの人がライブ中に拳をかかげてシンガロングしていた。日本語詞やからこそ心にグッとくるし一緒に歌いたくなるってのは大きいと思う。

歌詞を知らずにライブを観ても歌詞がしっかり聞こえてくるし、みんなで歌う光景に心を打たれてバンドのことが好きになる人も多いやろうなぁ。エネルギーが充満して爆発する空間を観ているだけで嬉しくなったし、元気や活力をもらえるライブやった。


 
bachoの人気に圧倒されたけど、それを凌ぐ人気っぷりに圧倒されたのがAnd Protector。ここ数回の大阪で観たライブはどれも凄かったけど、正直ここまでの人気になっているとは予想してなかったと思わずにはいられない光景が広がっていた。

疾走感のある曲からエモーショナルなミドルテンポの曲、そしてオルタナ全開の曲と楽曲の幅があるのも魅力やし、ダイレクトに響く日本語詞もそう。とにかくステージで躍動するメンバーのヒーロー感がとてつもないと感じるライブやった。最近は一曲目に演奏されることの多い、一番好きな曲”通り抜けるオレンジ”が、終盤に演奏されるセットリスト。口にグッと力を入れていたから涙こそ流れなかったけど、胸の奥がジーンとなった。

 
トリを務めたのはHollow Suns。今まで観たライブの中で、ステージとフロアのキャッチボール、相乗効果が一番大きかったライブやった。それまでのライブに触発され気合いの入ったバンドが、それまでのライブで温まったフロアに火を付け、どんどんと空間全体が熱を帯びていく理想的なライブ。曲が進むにつれて徐々に上がる手は多くなって、最後の曲Believe Inではバンドのライブ史上一番とも言えるような光景が広がっていた。

楽曲や演奏のクオリティは高さよりも、この日はとにかく会場の雰囲気の良さに感動するライブ。またあんな光景が観たいし、どんどん広がって大きくなっていって欲しい。

 
 
本当にたくさんの人が集まっていたこの日のライブ。会場は熱気ムンムンで暑かったし、後ろの方にいたら前が見にくいっていうのはあったけど、たくさんの人が集まったからこその盛り上がりも観れたし、なにより自分が好きな音楽をこれだけ多くの人が好きで観に来てるんやってことに嬉しくなった日でした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.