[Live Review] Yr Poetry Japan tour 2018 大阪

2018/9/22(土) Yr Poetry Japan tour 2018 @心斎橋火影

Yr Poetry / Summerman / falls / Fireplay / Diskover

 
Yr Poertyのジャパンツアー大阪編に遊びに行ってきた。

このツアーは、東京のSummermanfallsが企画したDIYなツアー。Yr PoetryはイギリスのインディーロックバンドJohnny Foreignerのメンバー2人によるツーピースバンドで、前回来日したときにYr Poertyでもライブを行い、その時にSummermanやfallsと共演したことが今回のツアーにつながったみたい。

 

Yr Poertyのライブは遊び心たっぷり。テレフォンマイクを使ったり、曲の途中でアドリブのトークを挟んだり。演奏することを楽しんでるんやろなぁってことが伝わってきたし、なおかつそれでカッコいいんやから最高でした。

ライブに向けたいわゆる予習的なことはしてなかったんやけど、変則的なリズムや予測不可能な曲の展開はJohnny Foreignerに通じるところもあって興奮したなぁ。

 
 
この日は全ライブがよかった。

オープニングを飾った大阪のDiskoverは今まで観たライブの中で一番音のバランスが良くて、メロディの良さや決めのポイントがしっかり伝わるライブ。ここ最近のバンドやと珍しくなった直球のメロディックパンクを響かせてた。

続く地元のFireplayも、いつものことながら圧巻のパフォーマンス。自分は直近のライブで驚かされたばかりやったからこの日の驚きは少なかったけど、久しぶり、もしくは初めて観る人はきっと度肝抜かれたんじゃないかなぁと。壮大な展開の楽曲と、それをカッコよく仕上げる演奏力はピカイチ。体の奥の方から突き動かされるライブやった。

2バンドは10/6に扇町para-diceで行われるFireplay企画(詳細はコチラ)で再び共演する予定。遊びにいく予定なので楽しみです。


 
今回のツアーを企画したfalls、Summermanも、地元バンドが作り出した雰囲気を引き継いだ最高のパフォーマンスで続く。

fallsはいつものことながら、もの凄い盛り上がりやった。ここのところ関西でのライブの頻度が高かったこともあってか、確実にファンベースが大きくなってきている気がする。決めのポイントへ向かって3人のエネルギーがギュっと凝縮されて、それが曲の中で何度も弾けるパンクなライブ。音源だけ聴いて「綺麗」とか「繊細」っていう感想を持ってる人はぜひとも勢いのあるライブを観て欲しいです。

そして、このタイミングでのSummermanが素晴らしかった。ここまで勢い、勢い、勢いでエネルギーが充満した空間を、いい感じに力を抜いたパフォーマンスで一瞬にしてほのぼのした雰囲気に変えたのには感動したなぁ。優しく丁寧に音を届ける楽曲と熱さでバシバシ攻めてくる楽曲のバランスもよかったし、とにかくキラキラ輝いてた。

 
 
繰り返しになるけど、全バンドがいいライブやったこの日の企画。当たり前のことやけど、来日バンドとその前座っていう関係では魅力的なイベントにならないってことを再認識できた日やった。

あとこの日は、自分がやっているディストロPajammin Distroを出店させてもらってた。初めて会う人もたくさんチェックしてくれて音楽の話ができたのは、刺激的で楽しくて、こういう機会を増やせたらなと思った。出店のお誘い、お待ちしています。

 
最後に。このツアーで販売されていたfalls、Summerman、Yr Poetryの3-way splitが通販で買えるようになってます。bandcampでも全曲公開されてますが、フィジカルの売上がツアーにかかった費用を賄うであろうことは間違いないんで、気になった人はコチラから音源を買ってサポートしてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.