The Bouncing Soulsのツアーで行われるマチネショウのフライヤーがイケてる

Twitterでシェアして「イケてる」ってコメント添えれば終わりみたいなネタでも、がしがしブログに上げていきたいなと思っている今日このごろの俺だー。

ってことで、New Jerseyのパンクロックヒーロー、The Bouncing Soulsがツアー中に行うマチネショウがあって、そのフライヤーデザインがイケてるっていう話です。

 

はい、ドーン。わかる人はわかると思いますが、フライヤーにはクラシックなハードコアバンドを象徴するキャラクター(?)がたくさん散りばめられているんです。

さぁ、あなたは全バンドわかるかな?もし、ハードコアやパンクが好きやけど、最近のバンドしか追えてなくて、クラシックなバンドを聞く機会を逃してしまってるって人がこの記事を読んでたら、ぜひこのフライヤーを元にクラシックなバンドをディグってみてください。

ちなみに自分は、こんな偉そうな口聞いといて、グーフィーの小さい版みたいなキャラがどのバンドを表してるのか分かってません。頑張ってディグります。

 

さて、このThe Bouncing Soulsのツアー、すごく豪華なベテランバンドが集まったツアーなのに、そのうちの1公演がマチネショウ(昼からのライブっていう意味)っていうのが、すごくいいなって思っちゃいました。

自分は最近子供が出来たから、必然的にライブに行く機会が減ってしまってるんやけど、もし昼からのライブがあれば都合がつけやすかったりするので、昼ライブどんどん増えるといいなぁなんて思ってたところやったんです。

FlyerにもSaturday Matineeって書かれてますが、土曜日は仕事が休みで、夜は家族で過ごす時間を大事にしたいって人が多い日やからこそ、マチネショウなんじゃないかなーって思います。

 

あと、このツアーで唯一名前を知らなかったThe Barstool Preachersってバンド、聞いてみたらめちゃくちゃカッコよくてびっくりしました。なんで今までこのバンド知らんかったんやろって。

クラシックなパンクロックとフォークパンク、さらにはスカやルーツレゲエからの影響も受けてるバンドで、それこそThe Bouncing SoulsやRancid、あとLeft Aloneみたいなバンドが好きな人は絶対好きやと思います。

 

だいたいライブを観たいバンドは観尽くしたなーなんて思ってる今日この頃なんですが、The Bouncing SoulsとAgainst Me!は、何としてでもライブが観たいバンドですね。

活動止まっちゃうまでに、1回は観ておかなくちゃなー。