2019年によく見られたツイートを振り返る

完全に自分用のまとめ。自分のどんなツイートがたくさんシェアされて、多くの人の目に触れたのかをランキング形式でまとめました。

 

10位: 夜中に勢いで書きなぐった記事のツイート(6145インプレッション)

すごく長く書きなぐって、結局結論が出ていない日記。でも、きっと同じようなことを感じている人は多いんじゃないかな。

この記事に書いた仮説を唯一打ち消せるかなと自分の中で浮かんでいる考えは、心に刻まれるには「それなりの年月」と「思い出すきっかけ」が必要ってこと。たわいもない毎日の出来事も、10年、20年とたって振り返った時に、輝き出してくれるんじゃないかなと期待して、日々過ごそうと思います。

 

9位: Lagwagonの来日ツアーが決定したよツイート(6743インプレッション)

今年3月に行われるLagwagonのジャパンツアーが決定したときに書いた記事のツイート。すでに東京公演は2公演ともチケット売り切れてるんですよね。

Lagwagonっていうバンドの人気ももちろんあるやろうけど、ICE GRILL$やFor A Reasonが関わっていることや、SNSなどでツアー発表から積極的に宣伝していることも、チケット売り切れに大きく影響している気がします。

 

8位: Descendentsの好きな曲をまとめた記事ツイート(6795インプレッション)

Descendentsのライブを観に行って、あまりに興奮したので、その勢いそのままに書いた記事。こういう記事って、自分の好きな曲はランクインしてるかなって気になってついつい読んじゃうんですよね。みんなの好きな曲とかも知りたいなー。

 

7位: エモ第5世代について記事引用RT(6839インプレッション)

12/24のツイートなのに、ここまで伸びてるとはびっくりです。今活躍してるエモバンドは海外で5th wave emoなんて呼ばれてるんですが、それじゃどのあたりが1st waveで、どのあたりが3rd waveなんだと気になったので、それを分類してくれてる記事を探して引用RTしたやつです。

2019年、芸人も第7世代なんて言われ方をしてましたが、あれと同じで、分類をあまり厳密なものと思わず楽しんで読んでみてください。

 

6位: SNSフィルタについてのツイート(7573インプレッション)

音楽には関係ないツイート。引用RT元のメディアにRTされたから、インプレッション数が増えた感じですね。

「SNSの意識的なフィルターじゃなくて」って書いてますが、油断するとTwitterのタイムラインに並ぶツイートも、自分のフィルタリングによって内容が偏っていることを忘れそうになりますよね。そこはしっかり意識を持ちながら使っていかないと。

 

5位: Zerweeについての記事ツイート (7688インプレッション)

2019年、一番話題になった海外リリースと言っても過言でない、Billy CobのEP”Zerwee”についての記事。Weezerの1st、2ndの雰囲気を見事に再現した音源です。

日本国内における盛り上がりがハンパなくて、結局日本盤のCDがリリースされましたね。

 

4位: Tiny Moving Partsと共演して欲しいバンドの記事ツイート(7725インプレッション)

今年2月に来日公演を行うTiny Moving Parts。せっかく来日するなら共演するバンドもTMPのことが好きなバンドがいいなと思って書いた記事です。

まだ各地公演に出演するバンドが発表されていないけど、この記事に書いたバンドが1つでも出演するといいなー。

 

3位: Samiam Japan tourの紹介記事ツイート(7796インプレッション)

2019年7月に行われたSamiamのジャパンツアーを事前に一人でも多くの人に知ってもらいたいと思って書いた記事。結果、多くの人にシェアされて、たくさんのインプレッション数を獲得しました。

草の根活動的に情報が広がったツアーで、結果的にいいライブだったという感想が各地からSNSを通して伝わってきたので、よかったなーって思います。

 

2位: VICEの記事内容をまとめたツイート(10279インプレッション)

VICEが選んだ2010年代のベストアルバム100選の記事を引用RTする形で、パンクやハードコア、エモなどのランクイン作品をツイートしたやつ。こちらも年末のツイートにも関わらず、たくさんのインプレッション数を獲得しました。

2010年代ベストアルバム的な記事は、コチラでまるっとまとめましたので、よかったらチェックしてみてください。

 

1位: フィジカル音源についてのツイート (12996インプレッション)

2019年、一番多くのインプレッション数を獲得したのが、フィジカル音源についてのツイート。自分の身の回りの人たちは、やっぱりフィジカル音源に対して特別な思いを持っている人が多いんだなと再確認しました。

ストリーミングサービスとフィジカル音源のあり方、さらにはもっと飛躍してレコード屋さんや音楽メディアのあり方みたいなところは、2020年もしっかり考えて、まとまった段階でこまめにアウトプットしていきたいなって思います。

 

一時期は、発信したいことを全部ブログの記事にしようと考えていたこともありましたが、最近では、Twitterでツイートすればいい内容に関しては積極的にツイートで済まそうと思っています。

もしこのブログを定期的に読んでいただいてる方で、Twitterアカウントをフォローしていない人がいたら、ぜひ@3104punxのアカウントをフォローお願いします。