2019年の個人的ベストアルバムを紹介!

2019年も残すところあと1日。

ギリギリ滑りこむ感じで、2019年の個人的ベストアルバムを紹介。9枚のアルバム + 1枚のEP、全10枚を順不同で紹介します。

 

Oso Oso “Basking In The Glow”

元State Linesのという宣伝文句はさすがにいらなくなったかなっていう成熟したタイミングで世に放たれた3rdアルバム。ずっとインディーシーンで評判のよかったJadeですが、ついに花開きましたね。より多くの人に知られるきっかけになった、誰がなんと言おうと名盤です。

 

Prince Daddy & The Hyena “Cosmic Thrill Seekers”

2010年代前半にThe Story So FarやMan Overboardが牽引した新世代ポップパンクシーンのような流れを、エモやインディーパンクと呼ばれるジャンルで作り出しタイルバンド、Prince DことPirnce Daddy & The Hyena。前作までは、初期WeezerインフルエンスたっぷりのWeezer-coreなんて呼ばれた音楽性でしたが、見事にポップ寄りに振り切って、万人受けする作品を作り上げました。

英語の歌詞を読むのが苦ではないって人には、ぜひじっくり歌詞カードとにらめっこして欲しい、3部構成のコンセプトアルバムです。

 

Macseal “Super Enthusiast”

正直にいうと、Emoという言葉で音楽のジャンルを形容するのが好きじゃないんですよね。Punkのように姿勢とか考え方のことでもなければ、Metalcoreのように音楽的な成り立ちを指すわけでもないし。でも、もし「最近のEmoでいいバンドいる?」って聞かれたら、確実にMacsealを紹介します。じっとりと心に染み入ってくる音楽です。

 

Origami Angel “Somewhere City”

激しい音楽を無意識に避けるようになって久しいですが、たまにはガツンとくるやつを聞きたくなるんですよね。インパクトのある激しい音楽でテンションあげるかってときに、このOrigami Angelのデビューアルバムは本当にぴったり。自分のように、かつてポップパンクやイージーコアにお熱だった人にもおすすめです。

 

Young Guv “GUV I”

No WarningやFucked Upなど、素晴らしいハードコアバンドのメンバーとしても知られるBen Cookによるソロプロジェクト。存在は知っていたものの、作品通して聞くのは今作が初。そして、その聞きやすさもあって、見事にどっぷりハマっちゃいました。

リリース時期がよかったですよね。今年の夏はマジでこればっか聞いてました。秋には2019年2作目のフルアルバム”GUV II”もリリースしていますが、そっちはまだ聞けていません。

 

The Menzingers “Hello Exile”

フィラデルフィア出身、大好きなパンクロックアルバムの最新作。これまでとこれといった大きな変化はありませんが、そもそも大好きなバンドなので、当然ベストアルバムに入ってきます。

詳しいレビューはコチラの記事を読んでください。

 

PUP “Morbid Stuff”

2019年を振り返るために聞いていたら、あれ、リリースされたの2018年やったっけかなと思ったけど、それほど何回も聞いて体に馴染んでしまってる作品なんやと思います。

バンドとしてキャリアを重ねて、もはや成熟という言葉すら当てはまる完成度の高さですが、しっかりヤンチャさを感じるのがこのバンドのカッコイイところ。詳しいレビューはコチラをどうぞ。

 

Fury “Failed Entertainment”

ハードコアの音源をしっかり聞こうとなる機会って、もうほとんどなくなってしまったんですが、この作品はRun For Coverからリリースされるってことで、どんな音源なんやろっていう興味から聞いてみることに。そして、これまでのFuryのイメージ見事にアップデートする作品で大好きになりました。

おそらく生粋のハードコアファンの中には、オールドスクール全開の前作の方が好きって人も多いと思います。でも、ハードコアの持つメッセージ性の強さや躍動感はそのままに、ロックアルバムとしてのパッケージングが素晴らしくて。最初に聞いたときに、思わずRefusedやんって思っちゃいました。詳しいレビューはコチラ

 

Big Nothing “Chris”

SpraynardのPatが在籍するインディーロックバンド。Lattermanパンクの行き着き先の最上級はこれだなっていう完成度の高さで、正直あと20年後とかも普通に聞いていられると思います。

曲によって3人のメンバーがそれぞれリードボーカルを取るので、同じバンドの作品でありながらコンピレーションアルバムのような聞きやすさを兼ね備えているのもポイント高いです。

 

Hollow Suns “Into The Water”

インスタグラムの影響で、個人的なベストアルバムを9枚選ぶのが定番になりつつあるけど、やっぱりブログとしては10枚選んでおきたいなという気持ちがあって。ただ、アルバムだけだと10枚目が見つからず、EPやけどホロサンの3rd EPをランクインさせました。

これまでの2作品と少し色合いの違う作品やけど、最初に聞いたからそこは気にならなくて、むしろなんて研ぎ澄まされたんだとテンションあがりました。5曲全てに無駄がなくて、繋がりとかも含めて凄すぎるなと感じるのは、EPならではの良さ。まだ聞いたことがないって人は、2019年が終わる前にそっこーでチェックかましてほしいです。詳しいレビューはコチラ

 

文章のクオリティーとか気にせず、見直し&修正とかも一切せず、とりあえず勢いで書き切りました。はー、なんとか年内間に合った。

もう1記事書く予定ですが、これが2019年最後の記事になってしまったときのために、念の為、最後のごあいさつ。今年もPUNX SAVE THE EARTHを読んでいただいて、ありがとうございました。また

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.