Download Japan 2020の第1弾ラインナップはとってもDownloadらしい並び!

来年の3/29に幕張メッセで開催されるDownload Japan 2020の第1弾ラインナップが発表されました。復活したマイケミをはじめ6バンドが発表されています。

もともとDownload Festivalはイギリス発のロックフェス。昨年、初めて日本に上陸してDownload Japan 2019が開催されました。

去年はメタルフェス的な色合いが強かったラインナップでしたが、今年はヘッドライナーのマイケミやThe Offspring、Jimmy Eat Worldがいることから、いい感じのバランスで本国のDownloadっぽい並びだなと感じました。

 

多くの人が喜んだのは、やはり復活したマイケミの来日決定でしょう。再結成を果たした大物バンドの来日が、これほどまでのスピード感で決まるのは、かなり珍しいことだと思います。

Jimmy Eat Worldは、マイケミ復活一発目のロサンゼルス公演への出演が発表されましたね。このブログを読んでくれている人だと、Jimmy Eat Worldの来日に一番テンションあがったという人も多いのでは。

 

ただ、ラインナップを見て思わずツッコミを入れてしまったのが、「今、何年やと思ってんねん」というやつ。

00’s 初期から中期にかけて一斉を風靡したバンドばかりが並んでいて、フェスのターゲットの年齢層がかなり高めであることを意識せずにはいられません。

日本の大型フェスの残念なところは、国内バンド海外バンド関係なく、これから活躍するような若手バンドの出演がほとんどないところ。それだと、いつまで経っても若いお客さんの興味が育っていかないよーって思っちゃいます。

まぁ、ビジネスとして成功させるには仕方がないことなんやろうなと、一お客さんとして割り切ってますが。

Link: Download Japan 2020

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.