全国のライブハウスを直接支援できる「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」

コロナウイルスのせいで、そして動きの遅い政府のせいで、ピンチのレベルが日々高くなっていく毎日ですが、さまざまなアイデアによる解決策が模索されています。

そんな解決法の一つとして、「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」というプロジェクトが立ち上がりました。世界中で人気のインストバンド、toeが発起人のプロジェクトです。

 

 

これはユーザーが全国の好きなライブハウスに直接支援できるプロジェクト。支援のお礼の品として、プロジェクトに賛同するミュージシャンの音源が置かれたウェブフォルダへのアクセス権がもらえるようになっています。

賛同するミュージシャンはスチャダラパーや東京事変といった有名どころから、bachoやmalegoatといった身近なバンドまで全部で約70組。さすがだなと感じるラインナップですね。

オフィシャルページにアクセスして、支援するライブハウスを選び、その後で支援金額を選べばサポート完了。支援金額に関わらず、アクセス権がもらえるフォルダの中身は一緒ということです。

Link: MUSIC UNITES AGAINST COVID-19

 

 

独自でYouTube配信を行うなど、ライブハウスによってはオンラインによる収益化を試みているところも出てきていますが、全てのライブハウスが取り組めるわけじゃないので、こういうプロジェクトはいいなって思います。

あとSupport Your Local Livehouseのプロジェクトと違って、必ずどこかのライブハウスを選ぶようになっているのが、メッセージ性を感じますね。自分は優柔不断なので、Support Your Local Livehouseの「全てのライブハウスに収益が分配される」ってのはありがたかったですけど。