いよいよYouTubeの音楽ストリーミングサービスがスタート!

前にもこのブログで記事を書いたけど、YouTubeが手がける音楽ストリーミングサービスが5/22からスタートするようです。

 
YouTubeの音楽ストリーミングサービスの名前は、そのままYouTube Music。実は同名のアプリはすでに存在しているんですが、サブスクリプション型のストリーミングサービスとして有料の「YouTube Music Premium」というサービスが提供されるようです。

(関連記事: YouTubeが今年3月から音楽ストリーミングサービスを始めるみたい | PUNX SAVE THE EARTH -blog-)

 

利用料金は月額9.99ドル。Spotifyと同じく無料でも利用できますが、広告が入ったり、ダウンロードが出来なかったり、バックグラウンドでの再生が出来なかったりといった制限があるようです。

すでにSpotifyとApple Musicの2強が絶対的な存在として崩れない感のある音楽ストリーミングサービスですが、YouTube Musicの強みはどこになるんでしょうか。あと、そもそもYouTubeは無料で見れるし、いっぱい音楽ファイルもアップされているから、わざわざお金を払って使おうという人がいるのかが疑問。

(関連記事:最近読んだ音楽ストリーミングサービスの記事まとめ | PUNX SAVE THE EARTH -blog-)


 
YouTube Musicに期待するとすれば、Apple MusicでもSpotifyでもカバー出来ていないラインナップをカバーしてくれること。でも、単純にカバー出来ていないところを埋めるだけじゃビジネスとしてキツくなるだけやし、何か他の魅力を提供するつもりなんやろうけど。

ちなみに、YouTube Music Premiumが5/22にスタートする地域に日本は入っていません。まずは、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、韓国の5カ国で始まって、そのあと主にヨーロッパ諸国を中心に広がっていくみたいですが、日本の名前は登場していません。

 
あ、あと、すでにあるYouTube RedやGoogle Play Musicは、YouTube Musicに統合される方針のようです。2強時代から3強時代に突入することがあるのかは謎ですが、音楽好きとしては放っておけない流れなので、しばし流れをチェックしていきたいと思います。

(参考記事: Googleが音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」を新たに提供 | iPhone Mania)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.