YouTubeのライブ配信で収益を得られる「Super Chat」機能を紹介!

Image from mikiki

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、たくさんのアーティストがライブ配信を行っています。

もちろん収益化を考えずに無料でライブ配信を行っている人も多いんですが、いつも音楽にお世話になっている自分なんかは、配信でアーティストにお金が入る仕組みがあればいいのになぁって、どうしても思っちゃうんですよね。

そういう仕組みの一つとして、このブログでは「ZAIKO」というプラットフォームを紹介した記事(コチラ)を書きましたが、また別の仕組みとして、YouTubeの「Super Chat」機能について紹介します。

 

自分がSuper Chatの機能を知ったのは、東京の新代田にあるライブハウスFEVERが行っていたライブ配信でした。

例えばコチラの動画をYouTubeで開いてもらうと分かるんですが、下の画像(PC版のYouTube)のような形で、金額が書かれたコメントがいくつも並んでいるんですよね。

Caption from YouTube

 

この課金できるコメントこそが、YouTubeの「Super Chat」機能。

本来は、自分のコメントを配信者に見て欲しいユーザーが課金することを想定して作られた機能みたいなんですが、FEVERはそれをユーザーからお金を集める仕組みとして活用したってことみたいです。いやぁ、素晴らしい。

 

ただ、この「Super Chat」機能ですが、誰でも利用できるわけではありません。

「1000人以上のチャンネル登録数」と「過去12ヶ月間に4000時間の再生時間」が必要みたいです。

この状況の中で、ライブ配信を使って収益をあげようと思い立っても、すぐには実践に移せないのが「Super Chat」機能のマイナス点といえるでしょう。

 

とりあえず、音楽好きとして出来ることは、ライブハウスのYouTubeチャンネルのチャンネル登録をすることだと思います。

四谷アウトブレイクというライブハウスの店長の方が、全国のライブハウスのYouTubeチャンネルをリスト(コチラ)にまとめてくださってるので、ぜひそちらからポチポチ登録してみてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.