ハードコアバンドFuryが、まさかのRun For Coverと契約!

Photo from Triple B Records

カリフォルニアのハードコアバンド、Furyが、まさかのRun For Cover Recordsとの契約を発表しました。2018年の末ごろに新しいアルバムを同レーベルからリリースするとのことです。

 

Run For Cover Recordsはボストンを拠点にするインディーレーベル。これまでのリリースは、どちらかというとパンクシーンにいるバンドの中でもメロディーのあるバンドが中心。最近では、TurnoverやCitizen、American Pleasure Clubなど、インディーロック寄りのリリースが多くなっています。

 

そんな中での、レーベルに所属するバンドの毛色から考えると異色のFuryとの契約は、びっくりしました。活動しているシーンの近さみたいなのを考えると、そこまで不思議なことではないんやけど、やっぱりいわゆるハードコアバンドとされるバンドの所属がこれまでほとんどなかったレーベルやから、「おっ!」って反応しちゃうよね。

 
最近のRun For Coverは、ちょっとtoo indieに寄りすぎてるレーベルとして、個人的に興味が薄れきつつあったんやけど、今年に入ってThe Caskett Lotteryの再発LPをリリースしたり、Petalの絶対にいいだろうアルバムのリリースが控えていたり。んで今回のFuryとの契約のニュースでしょ、また面白くなりそうって興味出てきちゃうよね。


ちなみに、最近のRFCといえば、Fiddleheadのリリースがヤバすぎるので、この記事を読んでいる人はマストでチェックしてみてください。

いわゆるインディーパンク/ポストハードコアなサウンドですが、ボーカルはあのHave HeartのPat先生で、ギターにBasementのAlexがいるっていう布陣、ハードコアが好きな人にもグッとくるサウンドに仕上がってるはずです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.