Pitchfolkのアジア版「Pitchopsticks」が誕生!

Photo from Pitchopsticks

おそらくオープンしたのは去年の末なのかな。

世界的に有名なインディーミュージックメディア”Pitchfolk”のアジア版、”Pitchopsticks”が誕生しました。

Image from Pitchopstick

コンセプトはいたって簡単。上の画像は、実際のサイトのAbout Usっていうページですが、「Pitchfolkのパロディーでありアジアからの回答だ」的なことが書かれています。

どこのクリエイターがぶちあげたプロジェクトなのかなと思ったら、拠点は意外にもロンドンやニューヨーク。アジア系の人が始めたのか、単にアジアに興味がある人が始めたのかは不明です。

Link : Pitchopsticks


サイトの更新頻度はまあまあって感じですかね。その日の曲を紹介するコーナー”Tune of The Day“があるので、それなりの記事数があるのと、インタビューが充実してるのが特徴です。

コントリビューターとして日本からもHiro Itou(Instagram)さんが参加されてるみたい。コントリビューターは今のところフォトグラファーしかいないみたいやけど、今後は増えていくのか、サイトの記事の広がりの方向性と合わせて楽しみです。


個人的には、アジアの音楽を知るならUnite Asiaの方がディグりがいがあるなって思います。今のところ。

理由は2つ。1つはUnite Asiaを運営してる人がハードコアバンドをやっていたこともあって扱うニュースが自分の興味あることに寄っていること、もう1つはUnite Asiaがニュースをとにかく全部載せるスタイルで運営されてること。

Pitchopsticksはキュレーターがいて記事を選ぶキュレーションメディア型なのに対して、Unite Asiaは日本でいうナタリースタイルって感じですね。

今後、Pitchopsticksの運営が活発化していったときに、どれだけディグりがいのあるサイトになるかも楽しみです。

Link: Unite Asia


自分のやっているニュースサイトに話を移すと、一時期、準ナタリースタイルを目指してました。ただ、やっぱり個人で運営してる上では時間の制限もあるので、今は自分が紹介したいと思ったニュースだけ紹介するキュレーションメディアスタイルを取ってます。

この人が紹介する音楽はなんかいいなぁって思ってくれる人は、ぜひニュースサイトの方もチェックしてみてください。

(関連記事: 「ナタリースタイル」か「自分の好き全開スタイル」か | PUNX SAVE THE EARTH -blog-)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.