今週のリリース情報(2020/6/21〜6/27)

2020/6/21〜6/27の期間にリリースされたパンクやエモ、ハードコアなどの音源の中から、自分の気になった音源を紹介する記事。

今週からアルバムやEPだけじゃなくてシングル曲も紹介しようと思います。

アルバム・EP

Remo Drive “A Portrait Of An Ugly Man”

ミネソタ州のインディーロックバンドの3作目。昨年5月にアルバムをリリースしたばかりなのに、かなり早いペースですね。これまでのオルタナパンク的な路線の印象は少し薄くなって、ポストパンク的な色合いが濃く出た意欲作です。ベタですが、The Smiths が好きな人は聞いてみてください。

Hum “Inlet”

シカゴの重鎮オルタナティブロックバンド Hum が、22年ぶりとなるフルアルバムをまさかのサプライズリリース。衝撃が駆け巡りました。

Japandroids “Massey Fucking Hall”

カナダのパワフルな2ピースロックバンドのライブアルバム。これまで一度もライブを観れてないんやけど、絶対にカッコいいやろうから、一度は観てみたいなぁ。

 

シングル

Narrow Head “Night Tryst”

新たにRun For Cover Records との契約を発表したテキサスのオルタナパンクバンド。Modern Color や Gleermer、Cloakroom、Hollow Suns、Forbear のようなサウンドが好きな人は要チェックなバンドです。

Alright “Parallels”

昨年、アコースティックのソロセットで来日公演も行ったノースキャロライナ州のインディーロックバンド。こういうバランスの音がインディーロックやと一番好きですね。

The Lawrence Arms “Last, Last Words”

Alkaline Trio や Rise Against と並ぶシカゴパンクの代表格、The Lawrence Arms の最新曲。正直、高校生の頃にはこのバンドの良さがわかってなかったんですが、年々好きになっていきますね。

Hoops “Fall Back”

インディアナ州のインディーロックバンド Hoops。今回の新作リリース発表で初めて存在を知ったんですが、メランコリックなサウンドがたまらなくいいですね。早くも今年のAOTYの候補入りです。

Ecostrike “Together”

サウスフロリダのストレートエッジハードコアバンド。今のハードコアシーンは全然追えてないけど、やっぱりこういうオールドスクールなサウンドが大好きです。


今週からシングルも記事にしようと思ったのは、最近、サブスクが普及した影響で、新曲公開 = (デジタルでの)リリース になっているからです。

ちなみに、曲単位でいいなと思ったものは毎月 Spotify のプレイリストとしてまとめてるので、チェックしてもらえると嬉しいです。