セットリストはみんなで作る時代!ウェブサービス “Set the Set” とは?

Set the Set

今日の朝に行われた The Menzingers の生配信ライブがきっかけで知ったウェブサービス “Set the Set” を紹介します。

言葉遊びみたいなサービス名ですが、その名の通り「セットリスト(Set)」を「決める(Set)」ためのウェブサービス。音楽ファン用のページとアーティスト用のページがあり、ファンとアーティストとがお互いにコミュニケーションできるのが特徴です。

 

ファンがやれることは、自分の好きなアーティストの好きなセットリストを作ること。Spotify と連携していて、アーティストの曲がずらっと並んだ中から、ライブで聴きたい曲をポチポチと選んでいけます。曲順とかを考える必要はなく、あくまでも聴きたい曲を選ぶだけっていう手軽さがいいですね。

 

アーティストができることは、ファンの声を聴いてセットリストを考えられること。多数決的にファンの声を知れるので、確実にセットリストに入れておきたい楽曲を選ぶことが出来そうですね。

The Menzinegersの場合は、実際に配信ライブをやる前に「このサービスを使って聴きたい曲を教えて」とSNSで呼びかけてました。ツアーと違って生でファンの声を聞くことが出来ないので、そうしたアイデアを試したってのはあると思います。

 

お決まりの曲じゃない、いわゆる「レア曲」をライブで聴きたかったりする自分としては、このサービスを使うことが一般的になるのは嫌だなと思うものの、アーティスト側としては「外さない数曲」を選ぶ参考になるし、ファンからすればそれこそ「レア曲」をリクエストすることもできるし、案外面白いかもなと思います。

最後に。「理想のセットリスト」関連でいうと、ソニーミュージックがちょっと前にTwitterでやってたキャンペーンが面白かったです。もし、ここまで読んでくれたアーティストの方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

https://twitter.com/INTSonyMusicJP/status/1297745590860693504