Twitterでイケてる音源を紹介してる「スポンジボブ」って何?

Image from wikipedia

前に書いたBaby Yodaの記事と似たような記事。イケてる音源をツイートする「スポンジボブ」にまつわるTwitterアカウントの紹介です。

 

そのアカウントとは、ずばり、Spongebob Albums。パンクやエモ、インディーロックの音源を独特の方法で紹介しているアカウントです。

どういった方法かというと、紹介する音源のジャケットをすべてスポンジボブの世界観に変換しているんです。たとえば、こんな感じ。

  

フロリダのインディーパンクバンド、insignificant otherのデビュー作ですね。実際はケーキのイラストなんですが、それをスポンジボブに変えちゃってます。

オリジナルの可愛らしい感じとの相性もバッチリですね。

 

全部のジャケットに無理やりスポンジボブを登場させるような雑コラアカウントではありません。

たとえば、2010年代のインディー/エモの名盤に確実に選ばれるであろうThe Hotelierの”Home, Like Noplace Is There”のジャケットはこんな感じに。

そう、スポンジボブを観たことある人にはおなじみ、スポンジボブが暮らすパイナップル型の家がモチーフになっているんです。

念のため、知らない人に説明すると、オリジナルはこんな感じ。全然似てないけど、スポンジボブの世界観を忠実に再現してるってのが面白いですね。

 

アカウントの開設は今年の2月ですが、ツイート数は全部で31とまだまだ少なめで、最近になってツイートの頻度が上がった感じ。もしかしたらBaby Yodaの成功を見て、アカウント運営を本格化させたのかもですね。

スポンジボブをそれなりに知ってる人じゃないとわかりにくいネタもあるかもですが、ちらっとアカウントを見てみて、興味がある人はぜひフォローしてみてください。

紹介している音源はどれも名盤ばかり(というか自分が好きな音源ばかり)なので、いい音楽との新しい出会いがきっとありますよ!

Link: @SpongebobAlbums (Twitter)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.