2020年6月によく見られたツイートを振り返る

 

2020年の6月のツイートのうち、インプレッション数の多かったものを紹介する記事です。

4月に久しぶりに復活させといて、5月はソッコーで忘れちゃってました。

1位: 謎のバンド「Japanese Baseball」を紹介した記事のツイート

突如結成が発表された謎のバンド、Japanese Baseball を紹介した記事が3000回近く見られました。やっぱり「謎の」ってタイトルは引きがありますよね。

ちなみに、ツイートにもあるように、正しいバンド名は「Japaese Baseball」なのに、間違って「Japanese Football」と紹介しちゃってました。バンドをやってる人たちからしたら「Baseball」としたところにこそ意味があるだろうに、すみません… 引用RTで指摘してくれはった人がいなかったら気づいてませんでした…

2位: Baneのラストショウ公開をお知らせする記事のツイート

2016年に解散したボストンのレジェンド、Bane のラストショウの映像が、たくさんのハードコアショウ動画を公開し続けている hate5six によって YouTube でプレミア公開されました。メンバーの Stu がガンとの闘病生活を送っていることを受けて、スーパーチャットで支援しようという試みのプレミア公開でした。

なお、こちらの動画が、今でも YouTube で一般公開されているので、まだ観ていない人はチェックしてみてください。Stu への寄付はコチラから引き続き行えます。

 

3位: #BlackLivesMatter のムーブメントに対する考えを変えられた記事の紹介

ジョージ・フロイドさんが警官に殺害されたことを皮切りに世界的な広がりを見せた人種差別抗議運動、#BlackLivesMatter のムーブメント。差別がいけないのは分かっているけど、そのことを発信することを強制されるのはなんか違うよなとモヤモヤしていた自分でしたが、上記のツイートで引用した記事を読んで、ようやく “have to” から “must” に変わりました。

パンクという音楽が好きでこのブログを読んでくれている人たちは、通常の人たちよりも #BlackLivesMatter について自分で調べたりしているとは思うけど、もし上の記事を読んでいなかったら、考え方の参考にするものの一つとして是非読んでみてください。

4位: 運転免許証と健康保険証の話の引用RT

 

 

フォロワーが多くてツイート数も多い人のツイートを引用RTして、それがRT元の本人にRTされたらインプレッション数が増えるよっていう分かりやすい例。

元RTは単にイチャモンつけてるだけやんと思ってイラっとした結果、ふてこい感じで引用RTしたら、このツイートをした次の日に新しい勤め先の健康保険証が届いて、それが裏に住所を書くタイプやったというマヌケな結末を迎えました(これまで表に住所が印字されている健康保険証しか持ったことがなくて…)。もう2度と、イラっとして引用RTしたらダメだなと心に誓いました。

5位: IBMが顔認識技術から撤退することを表明した記事の引用RT

 

顔認識技術は差別や不平等を助長する可能性があるとして、IBMが撤退を発表したニュース。それを見て感じたことは、上のツイートの通りです。最先端の技術って、これまではポジティブな目的や活用方法だけを見て、とにかくどんどん成長させていくっていう方針やったイメージですが、今後は変わっていくのかもな。

よく言われることですが、これまで課題として存在はしていたけど、重要視されていなかったり表層化していなかったりしたものが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて露呈して、なんとか変えていこうと動き出している例の1つだと思います。

 

とまぁ、こんな調子で Twitter では音楽以外のこともいろいろツイートしてます。面白そうやなと思ってもらえたら、ぜひコチラからフォローしてみてください。