Twitterの誕生日入力は要注意!年齢認証でアカウントロックされた話

Twitterを使っていて困ったことが起こったので、他にも同じ過ちを犯す人が出ないようにに、記事にしてみました。

 

結論からいうと、Twitterのアカウントをロックされました。ただ、メインの@3104punxのアカウントでもなければ、ニュースサイトの記事投稿についてお知らせする@PSTEnewsのアカウントでもなかったので、大きな問題になりませんでした。

ロックされたアカウントは、先日新しくスタートすることを発表したディストロ、Pajammin Distroのために作った新しいアカウントなんです。

(関連記事: Pajammin Distro、はじめます。 | PUNX SAVE THE EARTH -blog-)

 
ロックされた理由は、今となっては単純明快。アカウントの誕生日を設定したからです。

Pajammin Distroの誕生日は、イベントに実店舗として出店したMuncie Girls Japan Tourの大阪編やなぁって話しながら、誕生日を2018/5/4って入力したら最後、「Twitterを使うには13歳以上である必要があります」っていう画面が急に出てきて、アカウントがロックされちゃった。誕生日を登録してから、本当に一瞬の出来事。

Image from Twitter

 
慌てて誕生日の登録を解除しようとしたけど、後の祭り。After The Party by The Menzingersですよ。アカウントがロックされてて、一切の操作ができないでやんの。

んで、唯一できるのがフォームからの「ロック取り消してくれ〜」申請。わざわざ自分の免許証まで撮影してアップロードして、ロック取り消し申請を送りました。

Image from Twitter

 
ところがどっこい。上の画像みたいに、フォーム申請後すぐに自動返信が届くって書いてあるのに、その自動返信が届かない。もちろん、アカウントロックを解除しましたっていう朗報も届くはずもない。

結局、もともと作っていたアカウントは諦めて、新しくPajamminとDistroの間にアンダーバーが入った、字面的にイマイチなアカウントを作成して、そちらで運用することに決めました。


 

何が気に食わないって、13歳以上が使えないんやったら、13歳未満の生年月日を記入可能な状態にしておくなよなぁって思います。自分みたいに何か新しいサービスや団体のアカウントを作ったら、その設立日を誕生日に設定してくなるやん。それはダメですよって、注意書きを書いておいてくれないと。

もしくは逆に、本当に13歳未満がダメっでいうんなら、登録する時点で個人認証を必須にするとかね。もしそういう制度ですって言われるんやったら、納得できる。登録までにちょっと時間かかるだけで、登録してから今回みたいな問題は起きないし。

 
まぁ、わーわー書きましたが、この記事を読んでいただいたみなさんは、くれぐれも同じ目に合わないように注意してください。同じ目に遭ってからこの記事にたどり着いたみなさん、一緒にそのガッカリやイライラを分かち合いましょう。

てことで、Distroサイトのtwitterアカウントは、@Pajammin_Distroです。まだツイートがない状態ですが、今後Distroに関していろいろ更新していくので、良かったらフォローしてみてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.