すぐに実践できる!大好きな音楽をサポートするための行動まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、これまでと同じような暮らしを送れずに悶々としている人がほとんどじゃないでしょうか。

 

その中には、何か自分に出来ることはないかと思っている人も多いと思います。

そこで、音楽が好きだという人たちのために、すぐに行動に移せるサポート方法をまとめてみました。

 

助成金交付に向けた署名を行う

 

ライブハウスで働く人やライブ活動をキャンセルせざるを得なくなってしまった人など、経済的に困っている音楽関係者は多くいます。

とはいえ、感染拡大やそれに伴う医療崩壊を防ぐためには、しばらくはライブを行うのを避けるべきというのが一般的な考え方だと思います。

そうなると、経済的損失を政府に求めるのは、自然な流れだと思います。普段から税金を納めている国民の緊急事態ですからね。

 

上記のような考えに基づいて、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための文化施設閉鎖に向けた助成金交付案」と題された署名活動が行われています。

内容に賛同できると思ったら、自分の名前を記入して送信するだけ。より多くの署名が集まれば、より力強い意見として政府に届くはずです。

ぜひ、コチラから内容を確認して署名してみてください。

  

ライブハウスのYouTubeチャンネルをチャンネル登録する

 

営業自粛を選択せざるを得ないライブハウスの中には、新しいやり方で収益を得ようと動き出した人たちもいます。

その新しいやり方の一つが、YouTubeのライブ配信における投げ銭です。Super Chatと呼ばれるYouTubeの機能で、このブログでもつい最近、記事(コチラ)を書きました。

YouTubeでライブ配信を行うために必要な条件の一つが、アカウント登録者数1000人以上というもの。

これまではYouTubeのアカウント登録なんてほとんどやったことなかった自分ですが、このことを知って、ライブハウスが開設しているYouTubeアカウントを片っ端から登録しました。

もちろん、アカウント登録は無料。Googleアカウントを持っていれば、誰でもワンクリックで実践できます。コチラのリストに、全国のライブハウスのYouTubeアカウントがまとめられてます。

 

様々なドネーションプロジェクトに参加する

経済的な余裕がある人は、様々な寄付のプロジェクトに参加してみるのもいいと思います。

たとえば、関西のハードコアクルーSMDcrewが企画しているのが、チャリティTシャツによるライブハウスの支援プロジェクト。素敵なアイデアやし、シンプルな解決策がクールだなと思って、自分も購入しました。

 

それ以外にも、これからもっと様々なドネーション企画が展開されると思います。大規模な企画でなくても、bandcampでname your priceとなっている音源に好きな額で購入するのも、アーティストやレーベルを支援する寄付活動ですしね。

もちろん、これからしばらく見通しが立たない世の中なので、自分や家族のことを第一に優先してくださいね。

 

以上、すぐに実践できるアクションを紹介しました。

実践したら、そのポジティブな行動を周囲にも知らせて、みんなを巻き込んでいくのも大切だと思います。

あと、好きな音楽を聴き続けることも、音楽をサポートする行為だと思います。好きな曲からポジティブなエネルギーをもらって、なんとか過ごしていきましょう。