2020年4月によく見られたツイートを振り返る

2020年の4月にTwitterで呟いた内容で、インプレッション数の多かったツイートを紹介する記事です。

 

1位: Spotifyに追加された投げ銭機能を紹介したツイート

はじめて個人的にバズを経験したツイート。この記事を書いてる時点で814RT、807いいねとかびっくりします。

コロナの影響で音楽好きみんなが「何かしたい」という気持ちになっているなかで実装された新機能だったので、みんなRTして広めたくなったのが原因かなと思います。ストリーミングサービスはいい面ばかりでないのはコチラに書いた通りですが。

2位: を紹介するツイート

Twitterでたまたま見つけた面白い企画。与えられたお題に当てはまる曲を30日連続で1曲ずつ紹介していくというものです。

自分はブログとTwitterで毎日更新しています。ずっと家にいると精神的にやられそうになりますが、何かやることがあると気が紛れると思うので、ぜひみなさんも挑戦してみてください。

Link: みんなでやろう!#30DaySongChallenge | PUNX SAVE THE EARTH -blog-

3位: 子供の教育について質問したツイート

主に保育園に通うぐらいの年齢の子供の教育について、様々なノウハウを共有してくださっている現役保育士のてぃ先生。0歳の娘を育てている父親として参考にさせてもらっているなかで、ふと気になったので思わずリプライで質問してみました。

残念ながら今のところ返信がないんですが、クソリプのように感じられてしまったのかなと後悔しています。こういうTwitterの使い方は、もうできない世の中になってしまったのかなぁと思うと悲しい気持ちになります。

4位: オンラインで収益を上げる方法のまとめ記事ツイート

実際は1位に書いてるツイートにぶら下がってるリプライが4位でしたが、それを飛ばすとこれが4位。コロナ禍でライブハウスが営業自粛を余儀なくされる中、オンライン上で収益を得る方法が求められていると感じたので、なんとか自分も力になりたいと思ってまとめた記事です。

ただ、ライブハウスがオンラインで提供できる価値っていうのは、考えれば考えるほど限界があるように感じてしまうのがここ最近の自分です。ここまで大規模かつ長期間の問題になると、国が補償してしかるべきだと思いますし、その声はあげ続けなければいけないと思います。

Link: #SaveOurSpaces

5位: コロナ時代のIndependent Musicianのあり方の引用RT

Noiseyという海外の音楽メディアにアップされていた「コロナ時代にIndependent Musicというモノは存在しない」という興味深い記事を紹介したツイートが次点にきました。

その記事については、このツイートのあとでブログでも記事を書いてます。ストリーミングサービスが当たり前となった今のインデペンデントな音楽シーンの現状や、今後インデペンデントな音楽シーンはどうあるべきかについて興味がある人は読んでみてください。

Twitterでは、ブログで記事にするほどでもない音楽の話を中心に、いろいろツイートしています。普段、このブログを読んでるけどTwitterはフォローしてねぇなって人がいらっしゃったら、よければコチラからフォローしてください。